私が筋トレに使っている道具、なくてもいいけどあると便利

運動

トレーニングジム

筋トレは毎日やってます。

ただ、やり過ぎてしまうとかえって身体を痛めてしまいます。また、筋力アップの効果が少なくなります。

なぜなら、筋力は筋肉が破壊されてそれが回復することで増加するからです。

でも、私のやっているのは負荷がそれほど重くないので毎日やってます。

負荷がかかる筋トレは週1回です。普通は週に3回ぐらいがよいと言われてます。

私が自宅の筋トレに使っている道具

私が自宅の筋トレに使っている道具は、こちら。

・レギュラーWバー(IROTEC)

レギュラーWバー

・エキスパンダー

エキスパンダー

・ハンドグリップ

ハンドグリップ

・アンクルウエイト(ナイキ)

アンクルウエイト(ナイキ)>

・ソフトアンクルリストウェイト

アンクルウエイト(ナイキ)

上記の5つは、値段も高くないですし場所もそれほどとりません。

この他にもよい道具はたくさんありますので、お金をかければ、いくらもで使えます。

ですが、たぶん本格的に鍛えるのでなければ最低限必要と思うものだけで十分です。

また、筋トレは専用の道具を使わなくても自重を利用したり、身近な道具を使うことでもできますから、無理して買いそろえる必要はありません。

筋トレの道具を使う利点

筋トレをするのに道具はいりません。なくても十分できます。

しかし、筋トレの道具を使うことで得られるメリットもあります。

・手軽に鍛えたい場所を鍛えられる
・効果的に筋肉を鍛えられる
・モチベーションが上がる

筋トレ用の道具は専用の道具になっているので、筋肉を効率的に手軽に鍛えるのに適してます。

それに道具を使った方が使わないよりも、筋力アップにかかる時間は少なくて済みます。

また、お金をかけて道具を買うと筋トレを頑張ろうという気持ちになれます。だから、モチベーションを高く保てます。

筋トレの正しいやり方

以外に難しいのが筋トレのやり方。

たぶん、最初は適当に見よう見まねになってしまうでしょう。

正しいやり方を覚えるのに一番いいのは、ジムなどに通ってトレーナーや熟練者に教えてもらうこと。

ただ、教えてもらう人は選ばないといけません。長くジムに通っている人でも自己流の人がいますから。

自己流で筋トレをしてしまうと、怪我をしやすかったり、効果が出にくかったりします。

私も最初、自分で勝手にやっていたのですが、筋トレを何十年もしている人から教えてもらうと、全く違っていました。教えてもらったやり方でやると、効果が上がるんです。

ちょっと腕の位置、腕の上げ方が変わるだけで、もの凄く差が出てしまうんです。

今なら、筋トレのやり方を覚えるのにユーチューブなどを利用することも可能です。

ですが、トレーナーから直に教えてもらうのが一番よいです。

筋トレで一番注意しないといけないのは怪我

筋トレは筋肉に負荷をかける運動です。

中には重いものを持つようなトレーニングもあります。

ですから、油断すると怪我をしてしまうこともあります。

それに、頑張り過ぎてしまうと身体を痛めてしまいます。

私も3ヶ月以上前に、左の肩の部分を痛めてしまいました。そのため、その痛みがるので今は重いベンチを持ち上げることができません。

一度、痛めてしまうと治すのには、時間がかかります。

痛くても筋トレはしてます。なぜなら、何もしないと筋力は落ちてしまうし、筋肉が硬くなり、かえって治りにくいからです。

ですが、無理をすると痛いのでどのぐらい負荷をかけるかは気を付けながら筋トレしてます。

まとめ

筋トレをする場合、最初は道具を使わずに自重を使ったトレーニング(腕立て伏せ、スクワットなど)をするのがよいです。

そして、慣れてきたら道具を使うトレーニングも加えるのがいいでしょう。

できればジムに通いどんな道具があるかをチェックしたり実際に使ってみて効果を確認するといいです。

そうすれば、どんな道具があると便利かがわかります。

身体を鍛えるようになると、どんどん新しい道具が欲しくなると思います。

ですが、慌てて買わずに本当に必要かどうかを見極めてから購入するといいです。

せっかく買ったのにほとんど使わないってこともあり得ますからね(*^▽^*)。